相続前から相続が発生した後までワンストップで対応いたします。

相続発生前のながれ

◆相談

現在、相続で具体的に悩まれている内容についてのご相談を承ります。ワンストップでの対応が可能となるため、専門分野間でのわずらわしい案件に対しての複数説明の手間が省け、専門分野のみでの解決方法ではなく、相続全体を総括的に捉えて解決方法の提示をさせていただきますので効果的で効率的なアドバイスを受けることが出来ます。自分一人で悩まないで、是非一度ご相談ください。相談は無料です。

◆相続診断
【相続人の確認と相続財産の算定】
近年相続で争いとなっているのは相続税の課税対象の方々ではなく、相続税が課税されない一般家庭で起きています。それは課税がかからないことが相続への関心を薄くし、その事が準備不足につながり、この準備不足こそが相続が争族へと発展する直接的な原因になっています。
その上、各種保険、銀行口座の所有内容、有価証券など本人にしかわからず、家族もそれを知らない財産や先妻や前夫の子供の有無などが結果として相続時の火種となることも少なくありません。
ここで一度、誰が相続対象になっていて、どれだけ相続する権利があって、遺留分はどれだけあるのか?そして課税金額はどのくらいあって、納税資金の準備は出来ているのか?そういった部分を一度診断してみてはいかがでしょうか?

◆相続対策

「相談」や「診断」の結果、問題が明確になった内容に対して効果的かつ効率的な対策をする必要があります。ちなみに「もしもの時」に問題が発生する事が予想されたり、家族、親族間での潜在的な問題点として大きく分けて次の三つの入口があります。
(1)相続を”争続”にしない為の「遺産分割対策」

(2)相続財産完全防衛のための「納税資金準備」
(3)相続負担軽減の為の「相続税対策」

相続発生後のながれ

◆相続手続き

大切な人が亡くなられ悲しみに暮れている中でも相続手続きは行っていかなければなりません。
しかし一つ一つの手続を行っていくのは時間がかかり、相談内容ごとに相談先を変えていかなければならず、そのたびに相談内容や説明をし直さなければなりません。また、相談先が複数にわたるためしなければいけない手続に気が付かない場合もございます。
そういったわずらわしさや不安を解消するため茨城日立相続相談センターには各分野の専門家と提携しており、それぞれが連動してお客様の相続をワンストップで対応し、故人の遺志や相続人様の意志を皆で共有し、漏れなく安心していただける相続手続きを行えます。

私たちに出来ること

「もしもの時」に後悔しない為に、事前に「相続相談」「相続診断」「相続対策」を行い、先祖から受け継いだ家や土地と大切な人と築いた財産や、生きてきた証、自身の想いを争いなく円滑に後世へ承継する準備のお手伝いを行います。相続発生後は、準備を行った内容をもとに、争いなく円滑に相続を行うお手伝いをします。また分野ごとに相談や説明を繰り返したり、想いが伝わらなかったりといったことがないよう、各分野の専門家を揃え連動した対応が可能となっております。安心してお任せください。

創業への思い

茨城日立相続相談センター代表 小林竜也
現在日本は1年間に約50兆円規模の遺産が受け継がれていく「大相続時代」となりました。
家計に大きな贈り物となる可能性もありますが、遺族の争いに発展することも多いこの「相続」。
実際、家庭裁判所での相続関連の相談は、年間約18万件と10年前の2倍に増えています。
また、「相続はお金持ちだけの問題」という誤った認識が、一般家庭の相続準備を遅らせ、問題を複雑にしています。

遺産が多いから揉めるわけではありません。
100人いれば100通りの相続があり、どの家庭にも相続に対してちゃんとした準備と助言が必要な時代です。

ただし、一般の方にとって、ひとくくりに「相続」といっても、「どこで」「誰に」「何を」相談したらよいのかわからないと言われています。
実際に、相続が発生すると、銀行・郵便局・証券会社・保険会社・行政・行政書士・司法書士・税理士・弁護士と様々な方(さらには不動産業、工務店、不用品回収業、車両買取/整備等)とのやりとりを一手に引き受けなければならないケースもあります。
特に、土地や建物を所有されている方は、現金の相続よりもより複雑で専門家を必要とする問題解決が求められる場合もあります。

そのような背景から、我々は、不動産相続に関して安心して相談できる総合的なサービスを提供したいという思いで、ワンストップで「相談・手続き」を進めることができる不動産相続総合相談所を開設しました。
できるだけ事前に弁護士、税理士、司法書士、行政書士などの専門家に橋渡しを行い、 問題の芽を早めに摘み取り、相続を円滑に進める『笑顔相続の道先案内人』として社会的な役割を担います。